こども向けプログラミングコース  F@IT Kids Club

F@ITKidsClub

こども向けプログラミングコース

Scratch(マサチューセッツ工科大学が作成したビジュアルプログラミング言語)を使用したプログラミングを体験するこども向けのプログラミングコースです。

4月生募集!

スクラッチ・エレメンタリーコース

◆水曜日 16:30~18:00 4/18スタート
◆土曜日 10:00~11:30 4/14スタート

スクラッチ・ビギナーコース

◆火曜日 16:30~18:00 4/17スタート
◆水曜日 16:30~18:00 4/11スタート
◆木曜日 16:30~18:00 4/12スタート
◆土曜日 10:00~11:30 4/7スタート ←New!
◆土曜日 13:30~15:00 4/14スタート

スクラッチ・エキスパートコース

◆火曜日 16:30~18:00 4/10スタート
◆土曜日 13:30~15:00 4/7スタート

ロボットプログラミング・ビギナーコース

◆木曜日 16:30~18:00 4/19スタート
◆土曜日 15:30~17:00 4/7スタート

受講回数:12回(隔週 月2回)
受講料:月謝制 9,000円(税別)
テキスト代および教材費:8,000円(税別)
※各クラスの定員は6名です。(先着順)

スクラッチ・エレメンタリーコース(前半)

  テーマ 学習内容
1 でじっととおさんぽしよう プログラムには始まりと終わりがあることを学びます。
2 ぴよかん そらをとぶ スプライト(キャラクター)の見た目を変える方法と、繰り返し同じ処理を行う方法を学びます。
3 へやのなかをいったりきたり スプライトの方向を変える方法と、角度の関係を学びます。
4 プールであそぼう キャラクターの大きさを変える方法と、マイナスの考え方を学びます。
5 おどる!でじっと ひかる!でじっと 繰り返しに回数条件を指定します。
6 ゆうえんちにいこう キャラクターをくるくる回転させる方法と角度の関係を学びます。
7 おにごっこしよう 条件分岐の処理と、実行中のプログラムを停止させる方法を学びます。
8 おかしのいえにいこう スプライトの表示・非表示の表示切り替え方法と、それによってどのような効果が得られるか学びます。
9 きらきらぼしのきょうだい 背景を切り替える方法と、1よりも小さい数を表現する方法を学びます。
10 いっしょにつくろう!でじっとのきゅうじつ 発表会に向けて、今までの学習内容をおさらいします。
11 じぶんでつくろう! ●●●の きゅうじつ 第10回で作成したプログラムをもとに、自分でプログラムを作成します。動かすキャラクターや背景を決めて、オリジナルプログラムを作ります。
12 発表しよう! ●●●の きゅうじつ 作ったオリジナルプログラムをインタビュー形式で発表します。振り返りを行い、次の学習に活かします。

スクラッチ・ビギナーコース(前半)

  テーマ 学習内容
1 ブロックを順番につなげよう プログラムの基本である順次処理を学び、キャラクターに命令を出していきます。
2 コスチュームを変えてみよう キャラクターのコスチューム(見た目)をプログラムで変更して、動きをつけていきます。
3 向きを変えて動かそう キャラクターの向きを変えて、複雑な動きをプログラミングできるようになります。
4 ずっと繰り返そう 同じ処理が何度も続く場合は、繰り返し処理で効率よくプログラミングできます。
5 繰り返しを使おう 繰り返し処理の応用編。ペンを使ってキャラクターが動いた軌跡を確認します。
6 もし~なら? 「もし~なら、~する」のような、条件によって動きを変える「条件分岐」を学びます。
7 スタート方法を決めよう マウス操作だけでなく、キーボードからもプログラムを実行する方法を学びます。
8 動くキャラクターを増やそう 複数のキャラクターを同時に動かします。プログラムを組み合わせてゲームを作ります。
9 自分だけのプログラムを作ろう ここまで学んできた知識を活かして、オリジナル迷路ゲームを作ります。設計書の作成から行い、簡単なプログラミング設計の流れも体験します。
10
11
12 プログラム発表会 作ったプログラムを発表します。振り返りを行い、次の学習に活かします。

スクラッチ・ビギナーコース(後半)

  テーマ 学習内容
1 大きい?小さい? 乱数を利用してプログラムにランダムな振る舞いをさせます。
2 足したり引いたり 計算(足し算、引き算)と変数を利用して、お買い物プログラムを作ります。
3 合図を送ろう 複数のスプライトを連携させることで、より複雑なプログラムも動かせるようになります。
4 場所を調べよう 座標を利用してスプライトを動かします。回転しながら動かす等の操作も可能になります。
5 「かつ」?「または」? 複数条件を同時に判断してプログラムを動かすことができるようになります。
6 分身させよう 同じスプライトを複製して、複数出現させます。効率よくプログラミングできます。
7 背景を変えよう 今までに学習した知識を活かしてシューティングゲームを作ります。
8 ~するまで待ってて! ビギナー前半に作った迷路をレベルアップさせます。複雑な動きをつけて発展させましょう。
9 皆を楽しませるプログラムを作ろう! 3つのテーマの中からひとつ選んでプログラムを作成します。テーマを決め、設計書作成、プログラミングとプログラム開発の流れに沿って作成します。
10
11
12 プログラム発表会 作ったプログラムを発表します。振り返りを行い、次の学習に活かします。

ロボットプログラミング・ビギナーコース(前半)

  テーマ 学習内容
1 ロボットプログラミングをはじめよう ロボットカーを組み立て、EV3の基本操作を確認します。
2
3 まっすぐ走ろう 走行スピードの変更やバック、モーター停止のプログラムを学習します。
4 曲がってみよう 左右のモーターの回転速度に差をつけて、ロボットカーに曲線移動をさせる方法を学習します。
5 何度もくりかえそう ループブロックを使って、繰り返しのあるプログラムを効率的に作成します。
6 色をしらべよう カラーセンサーを使って色の取得と明度の測定を行います。色や明度によって実行するプログラムも変更します。
7 もし~だったら? 条件分岐について学習します。繰り返し処理と組み合わせることで複雑なプログラムを作成します。
8 線の上を走ろう コースに引かれたラインに沿ってロボットカーを走らせる「ライントレース」について学習します。
9 同時にやってみよう プログラムを同時に複数実行する方法とその際の注意点を学習します。
10 タイムを競おう!(レース大会・発表会) 第1回~第8回までの学習内容を活かして、レース大会・発表会に臨みます。ルールの確認、設計書の作成、プログラミング、テストと、簡単なプログラム設計の流れを体験します。
11
12

※講座内容はクラスの進行状況により変更になる場合がございます。
あらかじめご了承くださいますようお願い致します。
※通常授業時は基本的には保護者同席不可です。

ご受講のお申し込み・お問い合わせ
富士通オープンカレッジ 武蔵小杉校

TEL:044-739-3570
FAX:044-739-3580
受付時間:平日10:00~18:00